☑ ソフトウェア

使用するソフトウェアは、講師パソコンからインストーラーをダウンロードして、受講生パソコンにインストールします。 そして完成した3DデザインをGコードファイルに変換、これを講師パソコンにアップロードして、講師パソコンに接続された3Dプリンタよりプリントアウトする流れになります。

※第1回講座の前半に受講生パソコンの環境設定を行います。


           【会場のパソコン環境】 講師パソコンにファイルをアップロードしてプリントアウト
           【会場のパソコン環境】 講師パソコンにファイルをアップロードしてプリントアウト

インストールアプリ

DesignSpark Mechanical
DesignSpark Mechanical
Sculptris
Sculptris
Kisslicer
Kisslicer

その他アプリ

Pronterface
Pronterface

    

【DesignSpark Mechanical】

無料で使える3D CADツールです。

趣味からビジネスまで幅広いユーザに利用されており、高校・大学・専門学校・職業訓練校などの教育用途にも採用されています。

ジオメトリックタイプのモデリングツールで、直線や三角・四角などの多彩な組み合わせにより幾何学的デザインをサポートします。 

※本講座では、詳しい操作まで解説します。


【Sculptris(スカルプトリス)】

無料で使える3Dモデリングツールです。

スカルプト機能(オブジェをなぞって凹凸をつける)とペイント機能があり、画面上で粘土細工を行う感覚であることから、クレイ(粘土)タイプのモデリングツールと呼ばれています。

※本講座では、基本操作のみ解説します。

【Kisslicer(キススライサー)】

無料で使えるスライスツールです。

モデリングツールでデザインされた3Dデータは、STL形式(ステレオリソグラフィー)でファイル出力されますが、スライスツールは文字どおり、これら3Dオブジェを薄くスライスして、

3Dプリンタを制御するGコードファイルの生成を行います。

同時に、造形矛盾をチェックしたり強度不足に備え、サポート(支え)を付加するなどモデリングと3Dプリンタを仲介する役目を果たします。


【Pronterface(プロンターフェース)】

画面から3Dプリンタの各軸をコントロールしたり、エクストルーダー(Heater)やステージ(Bed)の温度をモニターするツールです。 

中央の大きな円とその横のバーで縦軸(Y)、横軸(X)、垂直軸(Z)の座標を調整します。

また、中央下部には温度表示グラフがあり、温度設定などができるようになっています。

※3Dプリンタに接続するパソコン上でのみ 

 稼しますので、本アプリの受講生パソ

 ンへのインストールは行いません。


<<< ホーム

| 講座ブログ |

講師紹介 >>>