第3回:テーマトーク

二人の講師をお招きし、地元を元気にする取組みや仕事に対する思いなどお話いただきました。

   三幸自動車(株) 町田社長
   三幸自動車(株) 町田社長

三幸自動車(株) 町田社長から「地域を元気にするプラン」と題して、4つのテーマについてお話いただきました。

 

最初のテーマ 「タクシーの現状と自社の特徴」では、全ての人が自由に移動できるよう、タクシーが担うドアツードアサービスには、さらなるバリアフリー化が求められているとのこと。

そして、バリアフリー対応のユニバーサルタクシーを認知してもらうため、三幸自動車では市役所や大学と連携して展示会や体験会を開催するとともに、安心して乗車してもらえるようホームヘルパー資格やユニバーサルドライバー制度を採用するなど乗務員教育にも力を入れておられます。


続いてのテーマ 「西東京市は他区市民が車で”通過する街”」、「”通過する街”から”立ち寄る街”へ」

では、市民の声で道路計画が変更された事例を挙げ、働きかけることの大切さを説かれました。

そして建設中の「調布保谷線」が西東京市に大きな変化をもたらすこと、十分な広さを持つ沿道では通過車両に立ち寄ってもらう仕掛け(=地元を元気にするプラン)が必要であることに言及し、

最後のテーマとなる 「地元への関心、西東京ユニバーサル・ツーリズム」へと講義が続きました。

   農業体験、工房巡りのツアー案
   農業体験、工房巡りのツアー案

『西東京ユニバーサル・ツーリズム』

 西東京ユニバーサル・ツーリズムとは、年齢や障がい等の

 有無にかかわらず、どなたでも気兼ねなく、楽しく参加できる

 レジャーと定義しております。 2014年8月にFM西東京と弊社

 が連携して準備会を発足し、事業調査を開始しました。

              (「地元を元気にするプラン」プレゼン資料より)

 

例えば農業では「食と農を知る」をテーマに、孫とおじいちゃん(おばあちゃん)が、農園で野菜の収穫を体験+採れたてグルメを味わい、食育について受講するツアや市内のものづくり職人たちの工房を巡り、指導を受けながらオリジナル作品を作るツアー、などとても魅力的な内容になっています。

 

「地元への関心が深まればファンが出来、ファンが一緒になって地元を育てることが理想」と町田社長は結びました。

 

 ’26.11.11 講習会開催
’26.11.11 講習会開催
ダウンロード
第3回:テーマトーク(地元を元気にするプラン 前半)
 
町田社長(1).wma
Windows Media 音楽ファイル 7.4 MB
ダウンロード
第3回:テーマトーク(地元を元気にするプラン 後半)
 
町田社長(2).wma
Windows Media 音楽ファイル 3.9 MB


   (株)エクラアニマル 豊永社長
   (株)エクラアニマル 豊永社長

続いて、(株)エクラアニマル 豊永社長より会社のご紹介と仕事に対する思いについてお話いただきました。

 

エクラアニマルは、シンエイ動画から枝分かれしたアニメータ7人によって立ち上げられたアニメ制作会社で、20年目を迎えます。そして、その3代目に就任したのが豊永社長です。

とはいえ、普段は経理や営業もこなす元気印の豊永社長からは、どこかほっとするアットホームな雰囲気が漂います。


「遊戯王」「ふるさと再生日本の昔話」などテレビアニメに関わりながら、自主制作アニメに取り組まれており、市内の保育園園長であった廣田弘子氏との出会いをきっかけに絵本の「かっぱのすりばち」をアニメ化、自分達がやりたいこと、子供達に伝えたいことを大事にしたいとおっしゃいます。


そして、テレビシリーズや自主制作アニメを手掛けながら、現在力を入れているのが、オリジナルキャラクター「キャラ丸」くん、「ドク丸」くんで、オリジナルソングなどもあるそうです。

  左がキャラ丸くん、右がドク丸くん
  左がキャラ丸くん、右がドク丸くん

地域のために何かできないか?その答えがオリジナルキャラクターによる地域貢献だったと豊永社長は語ります。


エコキャップを集めたり、ゴミ拾いをしたり子供達に大人気のヒーロー。先日開催された「ゆるキャラグランプリ2014」で、西東京商工会の推薦も相俟って、なんと1,699体中310位、昨年の1,143位から833位も順位を伸ばし、来年は100位内を目指したいと意気込みも盛んです。

 

また、「世界キャラクターサミット in 羽生2014」ではこれら愛すべキャラクターをアニメ化したイメージCMを製作。

「アニメだからできる”柔らかい表現”を知ってもらい、プロモーションに活かしてほしい」との思いが込められています。

 キャラクターをアニメ化してプロモーション
 キャラクターをアニメ化してプロモーション

アニメ制作、ゆるキャラの地域貢献、新たなプロモーション事業のご紹介に続き、仕事への思いを語られます。 曰く、「仕事とは”志事”(志し)であり、目先の損得に惑わされず確固たる信念を持って行動し、結果を出すこと。」、「そんな私達の象徴がキャラ丸、ドク丸。彼らとともに街を笑顔にできるよう頑張りたい。」と講義を締めくくって頂きました。


ダウンロード
第3回:テーマトーク              (株)エクラアニマル 代表取締役 豊永 様
*雑音によりお聞き苦しい箇所があります。
*大変申し訳ございません。
 
豊永社長.wma
Windows Media 音楽ファイル 7.7 MB


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    中村 (木曜日, 04 12月 2014)

    町田社長
    地元を元気にする取組み、とても興味深く聞かせていただきました。
    関係者を組織していくダイナミックさと、ホームヘルパー資格など細やかな心配りができる繊細さを併せ持つ、西東京市に欠かせない人財と思います。これからの益々のご活躍を祈念いたします。

  • #2

    中村 (木曜日, 04 12月 2014 10:56)

    豊永社長
    「志し」をもって事にあたる。
    豊永社長から溢れるパワーはここにあるのだな と思いました。
    エクラアニマルの象徴がキャラ丸、ドク丸というのも初めて知りました。プロモーション映像をアニメ化する新事業、おもしろそうですね。
    市内事業者などにPRしてみたいと思います。